私的、映画やテレビやスケートのこと☆

好きな映画の紹介やテレビ・お笑い・スケートなんかの思ったことを不定期でつぶやきます^^

お勧めTV番組&アニメ

今期(2018年10月~12月)ドラマは意外と面白かった

今期のドラマは、継続して楽しみに見ていたものはないのだが(笑)、終わってみるとネットで話題(いい意味も悪い意味も)の問題作(?)が多かったように思う。

まず、『中学聖日記』(TBS・有村架純主演)。 途中からの視聴でたまに抜けたが、最終回はなぜか泣けてきた。 最後の最後は「ハッピーエンドかよーぃ!」と突っ込んだが(笑)。 なんで泣けてきたかは次のドラマと合わせて説明しよう。

次は『黄昏流星群』(フジ・佐々木蔵之介主演)。 これも途中からの視聴だったが、一番の名場面!?と思しき、佐々木&黒木がホテルのエレベーターで部屋に向かおうとしたその空間に、娘とおっさん(それも高田純次!)がイチャイチャと同じ目的でいたという場面~~~! これはすごい! もうこのドラマは主要キャストがすべて獣でしたよね! 『中学聖日記』もほぼほぼ獣(笑)

『獣になれない私たち』(日テレ・新垣結衣主演)。 実はがっつり見た回はないのだが、ネットでは「勤め方とかリアルすぎて見ていてつらい」(ブラック社長に翻弄される感じ?)等話題は常にあった。

獣ばかりが出てくる『中学聖日記』と『黄昏流星群』と、獣になれない『獣になれない私たち』。突っ込み所はそれぞれありますし、視聴率はどれもよくなかったようですが、もはや視聴率とかそう気にする必要はないのでは?と思っています。

それで、獣たちの2つのドラマ(笑)なんですけどね。 人間、(不倫等の)獣道を歩いて批判されようが、自分で考え判断して行動することこそ生きている証拠なんですよね。 だから、私みたいに仕事場と家とスーパーマーケットしか行かない生活(笑)なんかより、ちゃんと生きてるんですよ、それが人間なんですよ、と思ったわけです。

特に考えさせられたのは『中学聖日記』の男子・晶の母(夏川結衣)の行動。私はこの人に一番近い年齢ですのでね。 最初は、子供の恋愛にイチイチ親が出て行くなんて野暮だなー(笑)くらいの軽い気持ちでしたが、よく考えれば高校受験・大学受験等大事な時期に恋愛、しかも担任教師となんて、まあ許せたもんじゃないですわねぇ。 ついに法的手段に出るわけです。 子供が未成年ということは、そういうことなんですね。 ちょっと話がそれますが、18歳(最初は中学生だった晶は3年後高校3年でまた物語が動きます)という年齢が今の日本でどっちつかずだなぁと。選挙権もあるし結婚もできる。っつーことは恋愛に親が口出ししなくても?とも思った訳です。
話を戻しますが、だがしかし、この晶少年は、突っ走り系の子で、実際に走るし(笑)自転車でも疾走しますし、なにしろ気持ちのセーブができない。だからこそ担任教師に手を出すわけですが、母はそのことを解っているからこその強硬手段なんですね。 教師側に突き付けているようで、実は我が子に「お前の行動次第でお前の好きな人が訴えられるよ。どうするの?」と突き付けていたんですね。
教師の聖ちゃんも実に頼りない子なんですが(同時期にWOWOWでやっていた映画『ナラタージュ』も、同じようなユラユラした役柄で、有村架純はこんな役ばっかり受けているのか?と思った)最終回でついにどっしりと自分の行動で歩き始めます。 晶もやっと母や聖ちゃんの行動をくみ取り、未成年である自分のするべきことに気づきます。 それまでの突っ走りやフラフラした行動も、人間だもの、間違うよねーとなんだか泣けてきたんですよ私は(笑)

『黄昏流星群』に関してもおおむね同じ感想です。ただひとつ突っ込みをするならば、黒木瞳演じる目黒栞さんは糖尿病を患い、ついには目に来た様子の描写がされていました。そこへ蔵之介演じる滝沢完治が現れ不倫が成就するんです。どうやら2人が好きな山の麓でカフェを開いたようです。めちゃめちゃ幸せそうに。・・・・あれ?糖尿病はどうしちゃったの? 目の症状が現れたのなら相当病状は進んでいるはずなのになー。 ま、そほどです(笑)

【グッドドクター 名医の条件】(アメリカ版)

【グッドドクター】は昨年アメリカで放映されたドラマで、シリーズ化されている模様。
現在WOWOWにてシーズン1が放映中。

自閉症とサヴァン症候群を抱え、サヴァン症候群の影響から天才的な暗記力と人体のあらゆる器官の構造を把握している脅威の空間認識能力を持っている若手外科医ショーン・マーフィが主人公。
彼が、とある権威ある有名な病院の手術チームに加わることになって、小児外科医として成長していく様子を描いています。 

主人公ショーンを演じるのは英国俳優フレディ・ハイモア。

フレディハイモア

アメリカ映画『チャーリーとチョコレート工場』のチャーリーを演じたあの坊や、である。
個人的にはリュック・ベッソン監督の『アーサーとミニモイの不思議な国』の主人公の男の子の方が印象的だった。 どちらにしても、演技のうまい好印象の子役さんだったのが、もう20代半ばから後半ですか。(このドラマの前に『ベイツ・モーテル』というドラマでブレイクしたらしい。あの恐ろしい映画『サイコ』に至る過程のドラマらしいです、未見ですが)

そしてこの役は、サヴァン症候群であり自閉症でもある外科医、というなんとも難しい役どころ。もうね、自閉症にしか見えませんッ。 子役時代の天才的な演技は伊達ではなかったのですね。 もうフレディ君が気になって色々調べたのですが(ウィキペディアでね)、【ケンブリッジ大学をダブルファーストの学位で卒業している】ですって。 ケンブリッジといえば、世界の大学ランキング第2位ですよ(2018年)(第1位はオックスフォード、東大は46位)。ダブルファーストって何ですか? しかし優秀そうな感じですね?

他に有名な俳優さんはいないし、フレディ君の演技と、自閉症&サヴァン症候群の外科医が成立するのかということと、最新医療について学べる、この3点だけでもみる価値ありありますよ。


ちなみに元々は韓国で人気だったドラマを、アメリカで活躍する韓国人俳優ダニエル・デイ・キム(ドラマ『ROST』に出演してましたね!)が製作総指揮を手掛けリメイクしたそうです。

そしてなんと! 7月から日本でもリメイク版連ドラがッ! 山崎賢人君が主演だそうです~~~。
賢人君。。。。。。演技難しいよ・・・・? だ、大丈夫・・・・?

鉄腕DASH! と TOKIO と ジャニーズ

色々ありましたが、結局の所、TOKIOはぐっさん脱退(事務所契約解除)という形で、全員出演の番組は4人で続行となった。

TOKIOといえば『鉄腕DASH!』での農業だったり料理だったり村づくりだったりという、プロも驚く技能系ジャニーズというイメージが定着していた。 私は早い時期から鉄腕DASHのファンで、確か昔は『さんまのからくりTV』が裏番組で、実家はからくりTVを観ていたのだが、私の強いお勧めにより実家もDASH派に変わった。

DASH村は、最初荒れ果てた田舎の土地だったのだが、田畑を耕し、井戸を掘り、家を建て、動物を飼い、炭を焼き、できた農作物を調理し、日本ミツバチを飼ったりもした。 もちろん、TOKIOが主でやっているはずもなく、スタッフだったり現地の指導者だったりの努力の賜物だったとは思う。

しかし、TOKIOが昔の方法で家を建てたり農業をしたりしたことで、日本家屋のち密な建て方を初めて知ったり、稲作を機械なしですることの大変さを目の当たりにした(だから米粒1つに7柱の神様がおられるって言うんだなー)。 有名人がしなかったら注目されないし、それはただのドキュメンタリーだしね。で、TOKIOの中でもぐっさんは跳び抜けて器用でなんでもできた。「棟梁」と呼ばれていたくらいで、すぐに大工になれるくらいの技量はあったと思う。

鉄腕DASHにとって、文字通りの屋台骨だったぐっさん。 とりあえずは4人で継続となりほっとしてはいるが、ぐっさんなしでこの番組は成立するのかどうか。

*****

ジャニーズの不祥事はこれまでもあった。 すぐ思い浮かぶのはつよぽんの裸で逮捕とごろーちゃんの道路交通法違反(だったっけ?もう忘れた)。 女がらみの警察沙汰は、これは私の思い込みだが、多分今までもあったか、警察沙汰になる前に事務所がもみ消していたと考える。 事務所の力が弱くなったのか、本人が本当に誰にも相談せずにいたから手が打てなかったのかはわからない。 でも、女の子の立場から考えると、こわいことがあって、なんとか振り払って家に帰り、親に報告し、親が警察に報告し、警察がきちんと捜査したことはすべてまともに事が運んでよかったと思う。 そして、こういう事柄(男が女に無理やり、とか未成年なのに、とか)は、芸能界以外でも、相当蔓延しているんじゃないかと思ったりもする。 ボロボロになったぐっさんの姿をぞぞぞっと見ている世の男性は結構いるんじゃないですか?

芸能人はかくもイメージで成り立っているんだなと思わせたこの事件。4人での活動もしばらくはぎくしゃくするのかなぁ。
いや、でも。
今日のミュージックステーションに、『島 茂子』がしれっと出演していたよ~? うーむ、タイミング悪すぎてかわいそうなリーダー^^ でもハートが強いのね、立派にやり遂げていました。

SMAPの時も思ったけど、謝罪会見とかしちゃうと、その後どんなに楽しそうにしてても、チラつくんですよねー会見の時の顔が。
お願いですからアイドルに謝罪会見とかさせないであげてくださいね。ま、TOKIOはアイドルじゃないか!

紅白は誰に向いているのか

今年の紅白出場歌手が発表されましたね。
 初出場歌手が10組とか?
・・・ということは、誰かが落ちるということですよねぇ。

ま、今年に限ったことではないのですが、数年前から超ベテランが落選or卒業していってます。
特にショックだったのはサブちゃんですよ。サブちゃんはミスター紅白でしょ?サブちゃんのいない紅白ってだけでもうダメなんだけど。

今年のメンバー見てもらえば皆さんもそう思うと思うんだけど。紅白は誰に見てもらいたくてやっているのだ?


私はですね、やっぱりおじいちゃん・おばあちゃん世代が喜ぶ紅白がいいと思うんですよねー。
前半は若者が喜ぶラインナップというのは、それはそれでOK。でもやっぱり中盤以降は『聴かせる』歌手でぐぐっと盛り上げて欲しいんですよねぇ。
そういう方々には今年のヒット曲とかそういうのはいりません(あったらいいけどね)。

サブちゃんは毎年『祭』でよし。たまには『与作』も歌ってもらうか。八代亜紀は『舟唄』、森進一は『襟裳岬』『おふくろさん』『冬のリヴィエラ』、五木ひろしは『契り』『よこはま・たそがれ』『長良川艶歌』、山本譲二は『みちのく一人旅』、細川たかしは『北酒場』『矢切の渡し』『望郷じょんがら』これら定番を歌っていればいいのだ。

それがお祭りってもんでしょ~? お祭りの屋台は何十年もたこ焼きと鯛焼きとアメリカンドックと焼きそばとイカ焼きって決まってるでしょーが。たまには新しい食べ物も出てきてOKですよ。でもたこ焼きや鯛焼きがないなんて考えられないわー。 

年下シチュエーションに萌える

『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』・・・・・・・(笑)。
さっき視聴し終わりました。あ、ドラマです^^

あ、ありえへんしー!と思いつつ見入ってしまう年増女の悲哀(笑)
HPの相関図にて確認した所、女子39歳(中谷美紀)と男子26歳(瀬戸康史)。13歳差かぁ。さすがにありえん。

その昔、 『ロングバケーション』というドラマがあった。男子25歳(キムタク)、女子32歳(山口智子)、結局結婚してめでたしめでたしだった。当時の私と言えば25歳以上32歳未満だったため、これまた「7歳年下?ありえへーん」と思っていた。

『きみはペット』。男子20歳(松潤)、女子27歳(小雪)。ここくらいになると「ペット、欲しい。。。」に変わってたなぁ。 

『きょうは会社休みます』。男子21歳(福士蒼汰)、女子30歳(綾瀬はるか)。 これは去年とかだったから「30歳、まだまだ若い!」(笑)


ここに挙げた年上女性陣にはある共通点があります。
それは、才色兼備であるということ!!!!(『きょうは会社休みます』だけは、普通の事務職さんですが)
『私 結婚できないんじゃ。。。(以下略)』は美容皮膚科医、『ロンバケ』はモデル、『きみはペット』はハーバード出の新聞社勤務。
そうだよねぇ。美人で稼げないと年下君とはやってけないわねぇ。しょんぼり。

*****


でも年下男子、ここだけの話、ドキドキしますね!
どうこうしようという訳ではありませんが、生田斗真 くんとかドキドキします☆
 
記事検索
最新コメント
プロフィール

ふうこ

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ