私的、映画やテレビやスケートのこと☆

好きな映画の紹介やテレビ・お笑い・スケートなんかの思ったことを不定期でつぶやきます^^

スケート

フィギュアスケート;全日本男子

昨日男子フリーが行われ、世界選手権代表も発表されました。

まず、グランプリシリーズロシア大会で優勝も負傷した羽生結弦君はファイナルを欠場し全日本も欠場。
羽生君は3年連続全日本欠場です(インフル、怪我、怪我)。
SPが行われた12月22日、私はアクシデントがあり(笑)テレビ放送時間開始までに帰宅できませんでした。急いで帰ってテレビをつけたらちょうど宇野君が滑り終えた時でした。ま、録画しているから後で見ようと思い、ほどなく高橋大ちゃんの演技が始まりました。
そう、大ちゃんが帰って来たのです!
32歳で現役復帰し、目標は『全日本のフリーで最終グループに残る』でしたので、SPは大事です!!
SP結果は、
①宇野昌磨(102.06)
②高橋大輔(88.52)
島田高志郎<ジュニア>(80.46)
④田中刑事(79.32)
⑤中村優(77.11)
鍵山優真<ジュニア>(74.51)
⑦友野一希(73.09)
宇野君はほぼノーミス、大ちゃんもでしたが4回転ないのでねー。しかし実況がなんだか妙だったので聞いてみると、宇野君が6分間練習の時にジャンプを飛ばなかったことで、負傷したんじゃないか、でも結果はミスなしですごい、みたいな感じでした。インタビュー時にそのことを聞かれた宇野君は「フリーが終わるまでコメントは差し控えます」とのことだった。

そして24日は夜に出かけたので帰ってきてからの録画鑑賞。
まず結構かわいくて好きな(笑)友野君のチェック。2本の4回転のうちコンビネーションの方は決めましたが2本目は失敗。最後の方もヘロヘロな感じで体力面に課題があるのかな? リバーダンスは盛り上がる曲なので決まれば乗れるんですけどねー。
デカ(田中君)も最初の4回転はコンビネーションで成功、2本目は抜けちゃいました。ステップシークエンスがまだまだだなぁという感想です。しかしスピンはすべてレベル4。今年はスピン、来年はステップに力を入れるとかなのかな??
大ちゃんは4回転が3回転に。しかしやはり圧巻のステップです。唯一の昭和生まれ(笑)の色気がにじみ出ます。大ちゃんも後半ヘロヘロになり、最後のポーズもぐらつきましたが、全体的になかなか良い感じでした。
宇野君は、
負傷したと思われる右足を考慮し4回転の種類を変えてきたそうです。もちろんノーミスという訳にはいきませんでしたが、後半の3本目の4回転(&2回転)を決めるとまた調子を上げてきました。

総合結果(カッコ内はフリー)
①宇野昌磨 289.10(187.04)
②高橋大輔 239.62(151.10)
③田中刑事 236.45(157.13)
④友野一希 227.46(154.37)
⑤島田高志郎<ジュニア> 219.78(139.32)
鍵山優真<ジュニア> 216.36(141.85)

宇野君は結局SP朝の公式練習で右足ねんざだったそうです。 コーチ陣は棄権を提案したそうですが、宇野君は自分で、今無理してもこじらせない怪我と判断し強行したそうです。まぁねぇ、羽生君が怪我で出ていない試合に、自分までと思うと無理してでも出場という気持ちはわかりますよー。
さて問題は(笑)大ちゃんですよ! なんと2位! 自分でも「嘘でしょ。マジで?」とずっと繰り返し呟いてました(笑)
表彰式がまた傑作でしたわ!
3位田中君、2位大ちゃんと表彰台に上がり、最後の宇野君は右足テーピングをしちゃったのでスケート靴が履けず、ズックで氷の上をヒョコヒョコ歩いて登場。その表情も「すいませんねぇ、ズックで♪」的なニコニコ顔w そして一番高い表彰台に上がりましたが、スケートの刃がない分身長がより低くなり、一番低い台のデカ&2番目に低い大ちゃんと同じ高さに! 自分たちで、同じだねー!的なジェスチャーでまたまた笑かしてもらいました(笑)

そして世界選手権は、女子は表彰台の3人、男子は大ちゃん辞退で宇野君、デカ、羽生君の3人となりました。


長くなりましたが雑感を最後に。
大ちゃんの復活は本当にただただ嬉しかった。このままやっても上り調子なのでは?と思える出来でしたが、大ちゃんは後進に道を譲りました。同時にこれは若手に「おいおい、もっとエンジン吹かせよー?」という意味にもなると思います(大ちゃんがそう思っているかは解りませんが)。 羽生君・宇野君は別格として、デカと友野君はまずそこと戦えるくらいの点数を出してほしい。そしてもっと若手にも総合200点ちょいではなく250点とか出せるくらいになって欲しい。そんな感じですかねー。女子は総合220点以上出さないと世界選手権は戦えないと思いますが、男子は新ルールになってどうなんでしょうかね。前は総合300点越えが4人出て一人表彰台に乗れないということもありましたが。

羽生君の怪我が治りますように。宇野君は自分で2週間と言ってましたが本当にそれくらいで完治しますように。デカがノーミスでできますように。女子もロシアのジュニアに負けませんように。

フィギュアスケート;全日本女子(ロシアのことも)

さっき全日本女子フリーが終了しました。男子がまだなんだけど、とりあえず女子だけで感想を。

今シーズンのグランプリシリーズで新星が誕生しました。
紀平梨花・16歳。シニア初参戦です。 彼女の武器は『トリプルアクセル』。3回転半です。彼女は真央ちゃんが出来栄えで伸び悩んでいたトリプルアクセルを、非常に高確率に、(回転不足などない)正確さで、出来栄えもよく飛びました。グランプリファイナルでいきなりの優勝です!
全日本も紀平さんに大注目で始まりました。
まずショート。紀平さんはトリプルアクセルを転倒してしまい、5位発進。1位宮原知子さん、2位坂本花織さん、3位三原舞依さん、4位樋口新葉さん。この4人は特に大きな失敗がなく良い出来でした。しかし1位から5位までの得点差は8点ほど。紀平さんはフリーでアクセルを2度跳びますから、十分逆転可能な点差でした。
そしてフリー。上記5人で最初は紀平さん。アクセル2本決めました! なんとフリーの点数はSBを出して合計点数223点で暫定首位!
樋口さんはミスが出てしまい点数が伸び悩み合計197点と200点越えはなりませんでした。
三原舞依さんは大きなミスなくたおやかな演技でSB更新の合計220点!紀平さんに迫る高得点となりました。
そして次が女王・宮原さんです。先に感想を言いますと、ショートの時も思ったのですが、彼女は女王の風格充分でした。今シーズンはジャンプの改革を、羽生君のジャンプを指導するコーチに付いてされたそうです。やはりジャンプは安定感が増し、回転不足などが減ったように思いました。がしかし、1つのジャンプでミスが出ました。転倒はしなかったのですが、3回転が1回転に。これがひびいてフリーが伸び悩み、合計223.34。紀平さんは223.76でしたので、この時点で宮原さんの5連覇はなくなりました。
そして最終滑走は坂本さん。彼女の持ち味はなんといってもダイナミックなジャンプ。それに加えて『ピアノレッスン』の曲が、映画の場面と共に坂本さんと融合していきました。「あなたが1位になったっていいんだよ」と途中で思いました。テレビは紀平さん・宮原さんで持ちきりでしたが、坂本さんはオリンピアンです。その経験は強かった。ジャンプはすべて成功。そして得点は・・・。SBを10点近く更新するフリー152.36(紀平さんは155.01)で合計228.01で優勝しました!

たら・ればを言いますと、まずショートを失敗しなければ紀平さんが優勝だったでしょう。またフリーで宮原さんが失敗した3回転がクリアに飛べていたら、もしかしたら宮原さんだったかもしれません。それほどに拮抗した試合でしたー。

その他に注目する選手は、山下真湖(15歳・6位)。山田満智子先生の秘蔵っ子です。「真湖のジャンプが好き」と先生に言わしめるジャンプは高さがあり、おっとりとした雰囲気は伊藤みどりにはない魅力です(笑)。 横井ゆは菜(18歳・7位)。今期の全日本ジュニア優勝者です。  細田采花(23歳・8位)。なんとこの方、私知りませんでしたがトリプルアクセルをフリーで2度成功させました! 本田真凛(17歳・15位)。今期よりアメリカで学んでいるようですが、なかなか本番で発揮できません。以前のコーチ・濱田三栄さんが以前インタビューで言っていた「真凛は練習不足」(同門の宮原さんは練習のし過ぎというくらいするという話もされていた)という言葉がとても気になっています。

******

そして同じ時期にロシア選手権も行われていました。ヤホーニュースで知っただけですが、女子は表彰台はジュニア勢が独占! ザギトワはまさかの5位(それでも総合212点ですがね)。 優勝者と2位は14歳、3位は15歳だそうです。そして・・・・。優勝者と2位は4回転を決めたそうですよ。しかも1位の子(名前を書けって!アンナ・シェルバコワさん)の4回転の出来栄え点は4.44ですってーーー! うそだろ。女子もついに4回転の時代に突入かよ。 ま、紀平さんも多分4回転飛んでくるでしょうけどね。

世界選手権2018(もちろんスケートですッ)

まず女子。

オリンピック銀のメドベージェワ選手は欠場。日本選手は坂本選手が出ずに(どうしてかは調べてません)樋口新葉さんと宮原知子さん。後の主要選手はいたと思います。

SPは開催国(イタリア)のコストナーが首位、次がザギトワ(ロシア)、3位が宮原さん!、4位がオズモンド(カナダ)。 ザギトワさんはちょっとジャンプが詰まった箇所があったくらいで大きなミスではありませんでしたが、コストナーさんの美しい演技に圧倒された(自国でしたしね!)感じでした。樋口さんも悪くはなかったので、来年の3枠は堅いねって日本人は喜んでいた感じでした。宮原さん3位に入れるかも♪って感じでしたよ。

フリーで驚く展開が待っていました。なんと、サイボーグのごとく正確に技を重ねていたザギトワ選手が、まさかの3転倒! やはり、後半にジャンプを集中させていたこと&曲が早く、転倒して立て直そうとしても曲に追いつかずジャンプの準備もできずという所でことごとく失敗したという感じでした。 ま、私は「ああこの子も人間だったんだ。。。」とちょっと安心したくらいでしたよ。 オリンピック銅メダルのオズモンド選手はそつなくまとめ(あまり好きではないのでこのような表現でごめんなさい)首位! 宮原さんはちょっとミスが出てオリンピックより点数は低かったですがそれでも210点越え。 そして樋口新葉さんが会心のフリー演技! 素晴らしかったですよ!! この方のジャンプは迫力があります! ジャンプだけではなく、静かに燃えるような女スパイをよく表現していました。 オリンピックに出場した坂本選手と樋口選手は、私の中ではイーブンですねぇ。今後の展開が楽しみです! あ、それで最終滑走のコストナー選手が、まさかの失速で、結果、金がオズモンド、銀が樋口さん、銅が宮原さんッ! もちろん上位2人の失敗で手に入ったとはいえ、大きく失敗しないということがこういう結果をもたらすんだなぁと。 おめでとうございます!


さて男子。

羽生君欠場、フェルナンデスも欠場、パトリック・チャンはなんと引退だそうです。。。で、ネイサン・チェン、宇野昌磨、ボーヤン・ジンの3強かと思われたのですが。。。 まず、宇野君が会場入りしてからスケート靴の調整失敗で右足に痛みが出て練習を5分で終えておんぶされて帰ったというニュースが。 出場はしましたがSPの難度を落とし右足に負担がかからないように変更。会心の出来とは言えず5位発進に。 ネイサンはオリンピックの失敗を見事に払しょくし1位発進。2位はミハエル(ロシア)。やはり実力はあるんですよね、ロシアだし。 3位はビンセント・ジョウ(アメリカ)。どなた?って感じだったんですが(笑)よかったようです(あんまり見てない、顔がイマイチだったんでw)。4位はボーヤン・ジン。コンビネーションジャンプが勢い余って壁にぶつかりそうになりちょっと詰まってしまい減点。 羽生君の代わりに出場を果たした友野一希が初めての大舞台でPBを出す快進撃で11位に。デカ(田中刑事)は友野のちょっと下の点数で14位。
ここで日本はピンチに。上位2名の合計順位が13以上でないと来年の3枠はもらえません。SP時点で16・・・。やばいがな。

さてフリーですが、友野がやってくれました! またまたPB大幅更新で、最終滑走の6人を残した時点で2位に立っていました。で、最終滑走一番目の選手が崩れ友野が2位キープ!! 2番目が宇野君でした。フリーの構成はオリンピックと同じで行くと宣言していた通りでしたが、4回転を3つ転倒。しかし、後半に連続ジャンプを連続決め、(ちゃんと確認はしていませんが)転倒した4回転も回りきっていたのでしょうね(アンダーローテーション判定になると3回転の点数となりそこから出来栄え点を引かれ転倒減点となるのでがっつり10点近く低くなります)、179.51といつもより20~30点低いですが転倒を重ねたにしては踏みとどまった点数だと思います。 そして衝撃のボーヤン・ジン。4回転の申し子が転倒に次ぐ転倒で、女子並みの点数しか取れず・・・。それでもキス&クライでカメラに向かって笑って手を振れる彼はすばらしいなと、大人だなと思いました。 次のビンセントも引きずられるように崩れ、次はコリヤダ。最初の4回転は転倒しましたが持ち直しました。出た点数は。。。宇野君の下ですッ! 残すはネイサンのみ。宇野君はなんとメダル確定ですッ! ネイサンは引きずられず自分の演技をして欲しいなぁ(オリンピックが残念だったので)と思っていましたが、見事!!!! 4回転を6回ッ! 転ばずに着氷しました~! かつてこんなに最終滑走者が転倒した大波乱の選手権はないと解説者やアナウンサーは言っていた中、ネイサンは自分の演技をやってみせました☆ もちろん金メダルですよ。さてさて、羽生君が出ていたらどうだったでしょうねぇ。 で、なんと、ネイサンとの点数は開きましたが宇野君が銀メダル! そして友野君が5位ですよー! 3枠死守ッ!

いやはや驚きの世界選手権となりました。。。 もちろん、ボーヤン・ジンやビンセント・ジョウが普通にできていたら、宇野君はメダルはなかったはずですから棚ぼたといえば棚ぼたです。でもですねぇ。 宇野君のフリーが3転倒で179点、ボーヤンが(何回転倒したかわからんけど)127点(総合19位)、この差はなんだというと(いやボーヤン君の練習量は知りませんが)練習量だと解説の方々がおっしゃってたんですよー。調子が悪いながらも4回転を回りきっていることとか、後半に連続ジャンプをリカバリーして成功するということは、普段尋常じゃないほど練習をしている成果だということなんだそうです。

インタビューを受けながら宇野君は汗まみれの顔の中、涙を流します。この涙はなんていうか、私の心を掴んで離しません。普通に受け答えをしながら涙を流す男って。。。本当に踏ん張ったんだろうなぁ。枠のことももちろん考えての出場だし。宇野君はかなり変わっている子だとオリンピックの時に感じましたが、変わっていてもきちんとした子ですよ。奢らず気負わずかっこつけず。 そして友野君もかわいい顔して(笑)男気があるじゃないですか。 デカーーーー!君もがんばれw

マンガとスケート(昔のマンガですよ?)

まずどうでもいいお知らせですが、私の幼稚園時代での憧れの職業は『バレリーナ』でした。
将来なにになりたい?という質問に対しての絵を描くというお題に、バレリーナを描きました。単にバレリーナを描きたかっただけかもしれませんがw
そしてこの話題のミソは、私のことを実際に知っていないと面白くないかなと思います。・・・・何しろバレリーナに必要な要素が何一つないというッ!(容姿・体力・根性) 特に容姿は、ま、対極にいる人種でしょうね!


しかし、どうやら憧れだけはずっと持ち続けていたようで、小学生の時に『SWAN』(有吉京子)というバレエマンガに出会って読みふけります。

SWAN
私の中ではバレエマンガと言えばSWAN!というくらいど真ん中です。私はこの最初のシリーズしか読んでいませんが、その後ドイツ編とかモスクワ編とか続いていたみたいです。


はいここで「マンガとスケート」という題でバレエとはなんぞや?と突っ込みたいでしょう。 でもですね。このマンガに出てくるバレエの演目って、よくスケートの曲に使われるんですよー。
もちろん題名にもなっている『白鳥の湖』、その1場面でもある『黒鳥(ブラックスワン)』、他でも『くるみ割り人形』、『ドン・キホーテ』、『火の鳥』等々。 このマンガって演目を踊るバレリーナがその役に入り込んでストーリーも(もちろんマンガなんで踊りも)細かく書いてあるんです。もうなんていうか、バレエを見た気分になるという(笑) なのでバレエなんてほとんど見たことない私ですが、このマンガのおかげで曲を聞けばストーリーやダンスの見せ場なんかが浮かんでくるんですよ。あ、曲はマンガでは聞けませんが、このあたりの有名な演目の曲はCMなんかで使われてますからね。

それと、この主人公は途中から留学してモダンバレエの世界に行くんです(上記はクラシックバレエ)。そこで『牧神の午後』というバレエに苦戦するのですが、2017-18シーズンではイタリアのコストナー選手のフリーの曲が『牧神の午後』でしたね。ああこういう曲だったのか、でもこういうイメージだった!と知ることもありましたよ^^


愛のアランフェス
スケートマンガに初めて触れたのがこの『愛のアランフェス』でしたねー。題名にもなっている『アランフェス協奏曲』や『ツィゴイネルワイゼン』なんかこのマンガで知りました。 しかし時代は80年代(70年代じゃないよね?)、女子が3回転飛ぶことは、今の時代でトリプルアクセルを飛ぶくらいすごいという設定でした。 槇村さとるさんはその後も(現在も?)スケートマンガを描いておられます。


白のファルーカ
この『白のファルーカ』も槇村さんです。主人公はシングルからアイスダンスに転向することから物語が展開されます。そしてスペイン・フラメンコが重要な要素であることから『カルメン』を演じます。ファルーカっていうのはフラメンコの種類?かなんかだと思います。そして、指導者が『愛のアランフェス』に出てくる人気キャラだったりする所もニンマリです☆


*****

どうでしょう。昔のマンガであっても現在のスケーターが曲として選んだり演じたりしているものが出てくるので、マンガ読んでてよかった~💛と思った次第です( *´艸`)


すごすぎる金&銀!!!

いやーーー・・・・・・。 もう、何というか、技術はもちろん芸術性も勿論なんですが。

この2人の精神面はいったいどうなっているのか??????

もちろん、羽生結弦君と宇野昌磨君ですよ、金と銀の方々ですよーーーーーッ!

本当に、羽生君の不屈の精神には恐れ入りました。色々読んでみると(ネットでね)、やはり東日本大震災の被災者であったことが大きいみたいですね。あれほどの苦しみはないというくらいの避難生活をしたそうです。 それにしても、です。 血の滲むような努力をしてきたアスリートがほとんどだと思います。 それを結果にきちんと出すことの難しさ。 『想い』が強ければ強いほど、スカッと抜けちゃうこともある競技。 技術・芸術性(出来栄えのよさ)←きちんと出せる精神力(コントロール力なのかなぁ?) これらが揃わないとあの演技はできません。 終盤の2つくらいのジャンプはやばかったんですが、根性で堪えました。ステップも精神力で滑った感じでした。最後のスピンに入る時、足はもうギリギリだったと思いますが、これも根性で乗り切ります。 ほとんどのジャンプの成功はもちろん、この終盤辺りの滑りややばかったジャンプが特に『自分に勝った』と感じたのでは?


方や宇野君。 最初のジャンプでこけました。が、その後のジャンプには全く影響せずノビノビと。 どどどういう神経してんだ??!?と最初は感じました。 が、銀メダル獲得後のインタビューなどで知ったのですが、この方、驚くぐらい冷静?客観性が高い? なんと全員の演技をちゃんと見てたそうです。点数も知ってて。「自分が完璧な演技をすればトップだな」と分かってての最終滑走。で、ド頭の転倒。 普通の神経なら焦るでしょーーー??? あ、金はもうないなと思って冷静に滑ったそうです。 荒川さんもびっくりしてたそうですが、相当変わっているね、宇野君は。 ・・・そういうの好き💛 私の1年前のメダル予想した頃から一番進歩したのが宇野君でしたねー。 今後羽生君の最大のライバルとしてどのように展開していくのか、非常に楽しみです。


残念だったのがネイサン・チェン。 ソチの時の真央ちゃんのようにSPでは全部のジャンプで失敗。 そしてフリーでは6つの4回転に挑戦し、5つを成功させます。フリーのみの点数では1位でした。SPが100点超えていたら金メダルだったかも、でした。 精神力を高めたら、やはり羽生君の最大のライバルでしょう。


最後に・・・。これらの選手のお母さんと同年代と思われる私。 この子たちのおかんって、すごいなーと、おかん目線ですよねどうしても。 ほっといてはこういうできる子には育たないです。 お母様・お父様にも感服いたします<(_ _)> 本当に本当におめでとうございます☆

記事検索
最新コメント
プロフィール

ふうこ

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ