私のおすすめ映画とかいろいろ☆

好きな映画の紹介やテレビ・お笑い・スケートなんかの思ったことを不定期でつぶやきます^^

スケート

すごすぎる金&銀!!!

いやーーー・・・・・・。 もう、何というか、技術はもちろん芸術性も勿論なんですが。

この2人の精神面はいったいどうなっているのか??????

もちろん、羽生結弦君と宇野昌磨君ですよ、金と銀の方々ですよーーーーーッ!

本当に、羽生君の不屈の精神には恐れ入りました。色々読んでみると(ネットでね)、やはり東日本大震災の被災者であったことが大きいみたいですね。あれほどの苦しみはないというくらいの避難生活をしたそうです。 それにしても、です。 血の滲むような努力をしてきたアスリートがほとんどだと思います。 それを結果にきちんと出すことの難しさ。 『想い』が強ければ強いほど、スカッと抜けちゃうこともある競技。 技術・芸術性(出来栄えのよさ)←きちんと出せる精神力(コントロール力なのかなぁ?) これらが揃わないとあの演技はできません。 終盤の2つくらいのジャンプはやばかったんですが、根性で堪えました。ステップも精神力で滑った感じでした。最後のスピンに入る時、足はもうギリギリだったと思いますが、これも根性で乗り切ります。 ほとんどのジャンプの成功はもちろん、この終盤辺りの滑りややばかったジャンプが特に『自分に勝った』と感じたのでは?


方や宇野君。 最初のジャンプでこけました。が、その後のジャンプには全く影響せずノビノビと。 どどどういう神経してんだ??!?と最初は感じました。 が、銀メダル獲得後のインタビューなどで知ったのですが、この方、驚くぐらい冷静?客観性が高い? なんと全員の演技をちゃんと見てたそうです。点数も知ってて。「自分が完璧な演技をすればトップだな」と分かってての最終滑走。で、ド頭の転倒。 普通の神経なら焦るでしょーーー??? あ、金はもうないなと思って冷静に滑ったそうです。 荒川さんもびっくりしてたそうですが、相当変わっているね、宇野君は。 ・・・そういうの好き💛 私の1年前のメダル予想した頃から一番進歩したのが宇野君でしたねー。 今後羽生君の最大のライバルとしてどのように展開していくのか、非常に楽しみです。


残念だったのがネイサン・チェン。 ソチの時の真央ちゃんのようにSPでは全部のジャンプで失敗。 そしてフリーでは6つの4回転に挑戦し、5つを成功させます。フリーのみの点数では1位でした。SPが100点超えていたら金メダルだったかも、でした。 精神力を高めたら、やはり羽生君の最大のライバルでしょう。


最後に・・・。これらの選手のお母さんと同年代と思われる私。 この子たちのおかんって、すごいなーと、おかん目線ですよねどうしても。 ほっといてはこういうできる子には育たないです。 お母様・お父様にも感服いたします<(_ _)> 本当に本当におめでとうございます☆

今日から冬季五輪ですッ!

韓国・平昌(ピョンチャン)オリンピックが開幕です!(競技は昨夜から始まりましたが)

なんといっても楽しみなのはフィギュアスケート!

女子は宮原知子さんと坂本花織さん。
宮原さんは怪我から復帰し、日本選手権では完全復活! しかし1月の四大陸選手権ではミスが出ました。 完全復活ならメダル争いも可能性ありです。
坂本さんは急成長中の高校生。四大陸選手権では優勝しました。しかも、最近出る試合ごとにPBを大幅更新しています。のびのび演技ができれば、こちらも期待大です。
そしてロシアは国としての参加ができない状態ですが個人参加でメドベージェワ選手等出てきます。ロシア勢とカナダ勢がメダル争いをしそうです。が、日本もがんばれ!

さて男子。
羽生君がNHK杯時の練習で怪我。その後試合には出ていません。練習も1月の半ばくらいから始めたようです。状態を見ていないのでなんとも言えません。
でも回復していると信じて、予想は、http://fuhkofuhkofuhko.dreamlog.jp/archives/5278498.html この時と変わっておりません!

楽しみです! が、フィギュアスケートの放送が午前10時からッ! 見れないじゃーん。゚(PД`q。)゚。



浅田真央ちゃん、選手にピリオド

2017年4月10日夜、真央ちゃんが自身のブログにて選手生活を終了すると発表しました。

やはり、という気持ちもあったのですが(全日本をはじめ今シーズン全く振るわなかった。。。)、実際そう聞くと寂しい。

本当に素晴らしいアスリートでした。
こんなに人々の注目を浴び続けた(14歳くらいから?26歳、12年間も!!!)女性アスリートはいなかったでしょう。そしてゴシップもスキャンダルも全くなく、誰からも愛されるキャラクターは稀有な存在でした。

天才と言われながら、毎年難しいことにチャレンジする姿勢。バンクーバー五輪後 ジャンプを基礎からやり直したこと(エッジエラーや回転不足を克服するため)。母上の死を乗り越え試合に出たこと。ソチ五輪後休養し、そしてまた帰ってきたこと。すべてすべて尊敬します。「尊敬する」という言葉が薄っぺらいけど他に言葉が出ないので。


次にどのような道を進むのか、やっぱり国民は注目するとは思うけど、やりたいことをのびのびとやって欲しいなと思います。もちろん幸せな家庭も是非築いてほしいな💛


本当にお疲れ様! 素晴らしい演技をありがとう! 

 

世界フィギュア2017を終えての感想

いやーーー終わりましたねぇ。
今回はオリンピック枠選考も兼ねていたので特に重要な試合となりました。

まず女子。
残念なことに2枠になってしまいました。
宮原知子さんが怪我で欠場したので覚悟はあったのですがね。
出場したのが三原舞依さん、樋口若葉さん、宮原さんの代わりに出場した本郷理華さん。 
三原さんはSPで出遅れフリーでは完璧で総合5位。樋口さんはSPまずまずでフリー失敗で11位、本郷さんは急な出場&けがの影響等あったそうで16位でした。上位2人の合計順位は13以内なら3枠という条件でしたのでかないませんでした。

感想としては、枠が減ったのは残念ですが、3枠あっても誰が行くか。。。メダルを狙う実力者が正直宮原さん以外いない現状なのでしょうがないかなと思いました。心配なのが宮原さんの怪我。 是非いい状態でオリンピックに行ってほしいです(まだ代表選手は決まってはないですがね^^)。

女子は現在ロシア勢が層が厚く実力者揃いです。優勝したメドベージェワさんは本当に崩れない。すべて加点がもらえるジャンプ。加えてセーラームーン大好きなおちゃめさん。悪口が言えない(笑)
それと今回カナダ勢が2位3位で3枠獲得! ムムムッ! 

*****

さて問題の(笑)男子です。
1、羽生結弦・・・・・・・321.59(4)
2、宇野昌磨・・・・・・・319.31(4)
3、ボーヤン・ジン・・・・303.58(4)
4、フェルナンデス・・・・301.19(3)
5、パトリック・チャン・・295.16(3)
6、ネイサン・チェン・・・290.70(6)

点数は総合、かっこ内はフリーでの4回転回数(失敗も含む)です。
恐ろしい時代になりました。300点超えても表彰台に乗れない(フェルナンデス)、4回転の回数はフリーで4回入れないと表彰台に乗れない。ネイサンは驚異の6回ですよ!(羽生の演技を見て急きょ1つ増やしたらしい)
オリンピックはまちがいなくこの6人でメダルを争います。


羽生結弦くんはSP5位、フリーはまさにパーフェクト演技(ノーミス・すべて加点つきジャンプ)でフリー世界最高得点にて優勝。両方ノーミスだったら一体何点になるんだ???
宇野昌磨くんは、ちょっと大ちゃんを彷彿させる雰囲気を持ってます。腕の一振りでぐっと観客を引き込む力というか。もう完全に羽生君のライバルです。一番怖いんじゃないか?
ボーヤン・ジンくんのSPの「スパイダーマン」すごい気に入った!好きなプログラムです。フリーの「道」は、大ちゃんのオリンピック銅メダルの時の曲だからちょっと気に入らない(笑)
ハビュエル・フェルナンデスくんは、SPが圧巻でした。スペイン人であること・フラメンコが魂の踊りであることがひしひしと伝わってきた見ごたえのあるプログラムでした。フリーはミスが出ました。
パトリック・チャンくんは、相変わらずうまいのですがジャンプでちょこちょこミスがありました。
ネイサン・チェンくんは、完全に羽生君に飲み込まれましたね。しかし!4回転を6回入れてくるとは、恐れ入りました。その体力が17歳にしてあるということですもんね。


今からオリンピックの予想をするのは早いんですが。。。この6人が失敗しなかったら? 羽生・フェルナンデス・ネイサンに絞られるのかなぁ。でも失敗しないって奇跡に近いしねぇ。
 

グランプリファイナル2015を見終えて

時代は新たなステージを迎えたなぁ。。。。。。

羽生君が合計330点越えをしてグランプリファイナル3連覇を達成した。
世界最高の点数で、男子史上初の3連覇で。 

4回転はショートで2回、フリーで3回入れないと優勝できない時代となった。
入れるっつっても、クリーンに成功しないといけませんですしね。

さすがに我が大ちゃんもこの時代(に選手だったら)で結果を出すにはちと苦しい。。。 
羽生君も宇野君も成功率がすこぶるよい。

小塚っちを最近見ないのも、やはり4回転の成功率が関係しているとみられる(予想だが)。


しかし! しかしですねーーー。
ステップシークエンスでは、大ちゃんを超える人は未だ見ない。
彼のように曲と一体化している人を未だ見ない。
そこは強く主張しておきます!


ついでに言えば、女子のトリプルアクセルは、伊藤みどりを超える人は未だ見ない。
というか、ジャンプの高さ、彼女を超える人は未だ見ない。

トリプルアクセルと言えば真央ちゃんという印象が強いけど、私は、彼女はジャンプよりもステップで観客を魅了する人だと思っている。ま、大ちゃんよりは劣るけど(笑)


ほいで女子。
スルツカヤ以降目立った人材がいなかったロシアが、うじゃうじゃ優秀な人材を生み出してくる。ソチ五輪で金だった人とかリプ様とか、休んでるのかどうだか知らないけどグランプリシリーズにはいないし、でも出てくるロシア勢は強いし。

でもねー、真央ちゃんが勝てない相手では決してないはず。
真央ちゃんはメンタルだよね、問題は。だって練習ではきれいに跳べてるんだもん。
一度辞めかけた身なんだから、重荷を捨てて「記録に挑戦よ!」な感じでやればいいのにね。
 
記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ