私のおすすめ映画とかいろいろ☆

好きな映画の紹介やテレビ・お笑い・スケートなんかの思ったことを不定期でつぶやきます^^

映画

〔宮﨑監督と風立ちぬ〕

『風立ちぬ』をもって宮﨑監督が長編映画の引退を表明しましたね。
やはりさみしい気持ちはありますが、引き際と思われたのだからしょうがない。

ところで『風立ちぬ』について、世の中は賛否両論らしいです。
単純に映画を堪能した・おもしろくなかった、程度ならまぁ許せるんですが。

非常に残念な素人批評が目立つなぁと。なんなんでしょう?
最初からハードルが高い(宮﨑作品だということで)というのもあるのでしょうが、なんといいますか、個人的な期待を最初から持って観すぎなんじゃないでしょうか。
宮﨑作品=ファンタジー、疾走感、子供が観て楽しい、正しい教訓が含まれるetc・・・。

お金を出して映画鑑賞するならば、最低限どんな映画か確認しません?
この映画はファンタジーでも子供向けでもないって、調べなかったということだよなぁ。
まあそれも宮﨑ファンであるならそれだけで行くというのもいいでしょう。
でもだったらああいう無知で何も汲み取らなかった感想を述べるのはどうかと思うし。

そしてずれた感想も多い。
「戦争はああんなもんじゃない。」それはそうでしょうけど、この映画は戦争にスポットを当てたものじゃないでしょうよ・・・。重要な背景ではあるけれど。


ま、色々挙げればきりがないので、ずれた素人批評の批判はこれくらいにしておきます^^
言いたいことは、間違いなく宮﨑さんは天才であり、世の中のことをよくわかった上で(絶望に近いのかもしれませんが)、それでも役割を果たして生きる価値があるんだよと、宮﨑さんのやり方で(政治などではなくアニメーションという手法で)訴えてくれている人なんだと。結果として富と栄光を得てはいるけれど、それが最終目的ではない人だと思いますよ。


『風立ちぬ』の私の感想ですが、観てよかったです。天才・堀越次郎という人がいたということや、あの時代に戦争に巻き込まれながら生きることや、今の便利なテクノロジーは多くの天才達がそれぞれの時代に生み出したものの結晶なんだということが知れました。

ただ、ある年代以上の男性は、涙が止まらないほど(嗚咽?)よかったという感想を持つらしいですが(紅の豚に通じる男のロマンという所でしょうか)、そこまでの感動はなかったです^^
もう一度見たい映画ですね。

【是枝監督】

現在2013年5月ですが、カンヌ映画祭の真っ最中なんですね。
毎年日本からエントリーしているのですが、今年は是枝監督と福山さんがタッグを組んだ『そして父になる』が出品され(他に三池監督の『藁の楯』)、10分間のスタンディングオベーションだったそうです。

まだ最優秀作品賞(パルムドール)等の発表はされていません。

ま、日本作品有力!と言って逃すこと多いですので賞は置いといても、やはり10分間のスタンディングオベーションはすごいことだと思うのです!
もちろん私は作品を見ていませんので何とも言えない立場ですが^^

福山さんは日本女性が誇る(?)いい男俳優(歌手)です。が、私はあんまり好きではありません。
一方、是枝監督は非常に評価しています。『誰も知らない』はちゃんと見たことないし、他の映画もです。唯一観たのは昨年のテレビドラマ『ゴーイング・マイホーム』です。ストーリーは個人的には好きな題材(小人伝説=スクナヒコナ神話より)だったですし、それよりも、演出!!とても気に入りました。

まるで家の中で家族が会話しているような演技っぽくない演技、日常の何気ない動作をきちんと撮り(料理とか、ただ単に茹でるとか味見するとか)、と思えばファンタジー要素もお笑い要素もちゃんとあるし。
シーンに感銘を受ける事って私は多いんですよね。ある料理を作って食べさせる、というシーンで茹でる時の湯気とかザルに移す時の表情とかのシーンで、料理する人の真剣さと共にああ美味しそうだなと思って実際その日はそれを作ってみるとか。

あ、ちょっと脱線しましたが^^、そんなに(私が)好きでない福山さんと、福山さんのために作ったストーリーで映画を撮った是枝監督、それが評価されているというのがなんとなく嬉しいというか。是非観てみたい作品です☆

〔主役とかイケメンとか男前とか・・・俳優についての意見〕

今年のアカデミー賞も終わりましたね。
スコセッシ監督の3D映画はフランスの無声映画『アーティスト』に(主要賞)完敗してしまいました。

どっちも観ていないのでなんとも言えませんσ(^◇^;)

私が思うのは、スコセッシ監督は長い間オスカーから見放されてきたけど、(今回はダメだったけど)ついに獲りましたよね。『ディパーテッド
』ですか。これも観てませんが^^

で、でね。最近スコセッシ監督と組んでいる我がリオ君(ディカプリオ)は、一度も最優秀獲ってないんですよね。
あのね。
リオ君は演技力抜群なんですよ奥さん。
なのにまだ獲ってない。もう40歳も近いと思うんだけど。

思うにアイドルとして登場してあの童顔。そのイメージが演技力をちゃんと見させていないと思うんです。



っていうか。
リオ君だけではなく、イケメンや可愛い系男子主演の場合、賞のノミネートすらされないことが多いのに私は不満なんです。
一番そう感じたのは『ロードオブザリング』の主演;イライジャ・ウッド君。ロードオブザリング自体は3作目についに作品賞を獲りました。そして助演男優賞のノミネートに魔法使い役のおじいさん(名前忘れた)は挙がりました。が、主演のイライジャ君に対して賞は無視ですよ。

あの作品のあのキャラクターのあの主人公をあんなに熱演して、なんで無視できるのかアタシャー解りませんよ。
他の誰にも出来ないですよ、あの役は。
そして指輪に翻弄される微妙な心理描写や表情も、演技力としてすばらしいです。
ああいうアイドル風な俳優を無視するのって、おかしな風習だと思う今日この頃。

ついでに言えば、リオ君に帰るけど、タイタニックやロミジュリの男前役、あれだって演技としては難しいと思うんです。苦悩してわめいたり犯罪者として狂気の演技するのって、なんだったら素人でもやりやすいでしょ?
男前として男前の笑顔やキュン顔を演技するほうが、絶対に難しいはず。
なので、俳優への賞はそのあたりも考慮して候補を選んで欲しいです!!!


【コクリコ坂から】

いや~~~、久しぶりの更新ですm(__)m

お笑いのこととか、フィギュアスケートのこととか、もちろん映画のこととか、その時に書きたい事はいっぱいあったのですが、すぐひと月とか過ぎてしまってねーーー(言い訳)。
ま、ほとんど独り言なんで、うふふふ(笑って済ます)。


で、表題の『コクリコ坂から』。
ジブリの新作で、企画・脚本;宮崎駿さん、監督;宮崎吾朗さんの作品です。原作は少女漫画。

アラフォーだからなのか昭和の人間だからなのか、私と姉は楽しく拝見しました。
しかしネットでの感想など読んでみると、なかなか若い世代には受け入れられない様子で。
まず、過去のジブリ作品と比べすぎている様子ですね。 ジブリの疾走感というかスピード感というか風というかがね、ないということで。

なくてもいいじゃないですか^^

それと、吾朗さんアレルギーというか、そういう偏見があると見受けられます。

確かに『ゲド戦記』は私も????????な映画でした。が、それはそれで切り替えて見ましょうよ、今回はストーリーも入ってくるし楽しめますよ^^

ファンタジー要素が全くないというのも批判?のひとつみたいで。

それはTV番組で駿さんが言っておられましたが、しばらくはファンタジーやらないそうです。そういう時代じゃないんだそうです。

唯一私からの批判といいますかいただけない点を言わせていただきますと、主人公の女の子の絵的な魅力が不足しているんじゃないかなーと。
これもTV番組でですが、吾朗さんが苦悩していたんですよね、まさしくキャラクターについて。駿さんからヒントとなる絵が送られてなんとかキャラクターの決定ができたということらしいんですが。う~~ん、もうひと超え欲しかった、吾朗さん! ポスターの女の子は魅力的だなーと思ったら、こちらは駿さんが描いたそうで^^ 確かにポスターの子と主人公の子の印象は違います。

しかしながら、全体として楽しめましたし、舞台の横浜に行ってみたくなりました★

吾朗さん、ガンバレ(^。^)v


〔シャッターアイランド〕

ディカプリオ君の映画を鑑賞するのは久しぶりです^^
最近はスコセッシ監督と組むことが多いですが、あたしあんまり好きじゃないんですよね~。食指が動かないというか^^

今回はなんだか謎解きのような触れ込みだったので、観てまいりました。例によって1人鑑賞だったのですが、こればっかりは誰かと一緒に観たかった~~~~~。だって色々と後で検証したいんだもん!
「映画を観終わっても結末を話さないでください」なーんて冒頭に出るんだけど・・・・。話したくてしょうがないよ~~~~~!王さまの耳はロバの耳~~~~~!




ってことで、続きはネタばれなので、映画を観る人は入るべからず♪

続きを読む
記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ