この時期になると各局特別歌番組が放送される。日テレが終わった。(ベストヒット歌謡祭とベストアーティストはどちらも日テレか。出演者もほぼ同じだし、なんで2つするんだろ?)
まず、この年末豪華歌番組の中では、フジの『FNS歌謡祭』が群を抜いてクオリティが高いなと感じた。

で、昨日は嵐の翔君司会での『ベストアーティスト2018』が生放送だった。
だいたいが若い子向けのアーティストで、おふざけ傾向が強く(ゴールデンボンバーとか、もはや歌唱とは言えない企画w)FNS歌謡祭とは比べ物にならない。

で、今回はジャニーズの口パク問題について思ったので書こうと思う。

キンプリさんは、生で歌ってましたね。そりゃー上手じゃないけども(笑)、もはや口パクじゃないという点で好感が持てます。ジャニーズWESTはちゃんと聞いてなかった(笑)けど、多分歌ってたんじゃないかな?
セクゾとKATーTUNもちゃんと観てなかったんだけど、最近は生で歌うことが多いなと感じています。

さて問題はHey!Say!JUNPと嵐ですよ。 この2組はダンスが激しいなど理由はあるでしょうが、ほとんど口パクですわ。 嵐なんかは、2012年くらいを境に歌番組はほとんど口パク(ミュージック・ステーションは知りません、観ないから)です。今回の曲は翔君のラップ部分は生だったっぽいけど、そもそもあんなに生でハーモニーできないからw

私の好きなFNS歌謡祭の2012年だったかでですね、その時は生歌だったんですよ。多分大野君のマイクの調子が悪かったんですかねー、歌の上手な大野君の声がほとんど聞こえず、ハモリの部分がそりゃーひどい出来になっちゃったんですよ。それ以降、司会が草なぎ剛君だったこともあり、嵐は収録歌唱になり口パクになりました。そしてSMAPが出なくなったらまた会場に来てましたが口パクは変わらず。

*****

そもそもいつからジャニタレがこんなにも口パクになったんだろうって記憶を辿ると・・・。光GENJIに遡ります。彼らは何しろローラースケートを履いて滑りながら&踊りながらだったので、口パクにせざるを得なかったんですよね。ですからそれまでのトシちゃんやマッチは下手でも歌ってました。

で、光GENJIの後輩のSMAPはと言いますと、色々使い分けてましたね。(でもキムタクだけは口パクだったっことはないと思います。) 紅白とかは多分生で歌ってたんでしょうね、あまりの下手さに驚いた年もありますから(笑)

でも今にすると、下手でも生で歌ってて、なんちゅーか、卑怯じゃなかったなーと思います。
やっぱり、嵐の口パクは、卑怯だなーと思います。
歌手なんだから。
トシちゃんなんか、下手歌手の代名詞みたいに言われてましたけど、現在いるジャニタレでソロで歌えるやついるか?と言いたくなります。(しかも踊りながらッ!)

嵐に怒ってます(笑)


https://news.infoseek.co.jp/article/sirabee_20161901246/