私は昔から不倫が嫌いだった。
自分自身で考えてみると、仮にいいなーという人がいても既婚者というだけで冷めるタイプw

友人・知人にははっきり言って不倫をしていた人は何人かいる。その時は妻の立場ではなく浮気相手の方、ということになる。 そのすべてが(その既婚男性とは)幸せにはなっていない。


そういう考え方の私が思うに。
不倫っていうのは、当事者の問題だ。
倫理に反する、という意味は、当事者とその家族のみに適用されるんだと思っている。
だから、有名人が不倫をして謝罪会見をする、というのが本当に理解できない。
誰に謝らなければいけないの?
奥さんや、旦那さんや、子供に謝るのは理解できる。
でも、赤の他人や世間に謝るべき問題ではないでしょうよ。
今の日本って、そういう所がおかしいねーーーーー。面白いっていう意味じゃないよ? 変ってことよ。


私が恋愛を語るのはちゃんちゃらおかしいがw、恋愛って落ちるものだと思ってる。私のように、既婚者だと冷めるっていうのは、本当の恋ではないんでしょうね。頭で考えてどうにかなるような恋は本物ではないってことですよ。 だから、既婚者が浮気するのは配偶者に悪いって解っててもしちゃうものでしょう。 それを世間にばれたからと言って謝罪しなければならないっていうのは、いくら有名人だからと言ってずれてるよなーと感じるわけです。



しかし許せない有名人不倫もあるにはある(笑)

昔の話だが、山本モナさんが政治家のどなたかと路チューしてて浮気がばれ、モナさんは決まっていた花形キャスターの道から外れた。一方政治家さんは一定期間潜水状態でいて、結局政治家の椅子から降りることはなかった。
これってどうなのーーー? 一方は職を奪われ、一方は政治家として何食わぬ顔で続けている。これはひどいなと感じ、細野という政治家をテレビなどで見かけるたびに「不倫してモナの人生をめちゃくちゃにした政治家」という目で見ている。これは、不倫そのものよりも、その後の自分のみの保身に怒っていると言った方が正しいかな。

そほど。