今年のアカデミー賞も終わりましたね。
スコセッシ監督の3D映画はフランスの無声映画『アーティスト』に(主要賞)完敗してしまいました。

どっちも観ていないのでなんとも言えませんσ(^◇^;)

私が思うのは、スコセッシ監督は長い間オスカーから見放されてきたけど、(今回はダメだったけど)ついに獲りましたよね。『ディパーテッド
』ですか。これも観てませんが^^

で、でね。最近スコセッシ監督と組んでいる我がリオ君(ディカプリオ)は、一度も最優秀獲ってないんですよね。
あのね。
リオ君は演技力抜群なんですよ奥さん。
なのにまだ獲ってない。もう40歳も近いと思うんだけど。

思うにアイドルとして登場してあの童顔。そのイメージが演技力をちゃんと見させていないと思うんです。



っていうか。
リオ君だけではなく、イケメンや可愛い系男子主演の場合、賞のノミネートすらされないことが多いのに私は不満なんです。
一番そう感じたのは『ロードオブザリング』の主演;イライジャ・ウッド君。ロードオブザリング自体は3作目についに作品賞を獲りました。そして助演男優賞のノミネートに魔法使い役のおじいさん(名前忘れた)は挙がりました。が、主演のイライジャ君に対して賞は無視ですよ。

あの作品のあのキャラクターのあの主人公をあんなに熱演して、なんで無視できるのかアタシャー解りませんよ。
他の誰にも出来ないですよ、あの役は。
そして指輪に翻弄される微妙な心理描写や表情も、演技力としてすばらしいです。
ああいうアイドル風な俳優を無視するのって、おかしな風習だと思う今日この頃。

ついでに言えば、リオ君に帰るけど、タイタニックやロミジュリの男前役、あれだって演技としては難しいと思うんです。苦悩してわめいたり犯罪者として狂気の演技するのって、なんだったら素人でもやりやすいでしょ?
男前として男前の笑顔やキュン顔を演技するほうが、絶対に難しいはず。
なので、俳優への賞はそのあたりも考慮して候補を選んで欲しいです!!!