私のおすすめ映画とかいろいろ☆

好きな映画の紹介やテレビ・お笑い・スケートなんかの思ったことを不定期でつぶやきます^^

2009年01月

〔M-1グランプリ2008〕

M-1は私のアパートのテレビ事情では見れず(ケーブルテレビが繋がっていない=テレビ朝日系が見られない)、実家で録画してもらい観賞しました。

まず、候補者を(メモ代わりに)乗せておきましょう。
  ダイアン
  笑い飯
  モンスターエンジン
  ナイツ
  U字工事
  ザ・パンチ
  NON STYLE
  キングコング
  (敗者復活)オードリー

で、最終決戦に残ったのが
  ナイツ
  NON STYLE
  オードリー

最終3組は妥当だったと思います。
私のお気に入りのザ・パンチは緊張しすぎで会場と一体化できず、しかもかんでしまうという事件が。。。なんと今年10年目でもうM-1は最後とのこと。残念~~~。


で、最終決戦。
ナイツは一本目の方が乗っていた感じでした。できたらヤホー以外のネタ展開が見てみたかった^^
NON STYLEは1本目からM-1好みのたたみ掛けるネタ展開で、2本目も勢いがあったと思います。
オードリーは若干1本目の方が勢いがあったかな?敗者復活で来た組は昨年同様勢いが感じられました。
私的には3組とも突出した感じはなかったです。で、どれかといわれればオードリーでした。が、結果はNON STYLE!どうやら私の趣味は大竹まことさんや中田カウス師匠に似ているようです。で、NON STYLEと笑い飯にダントツ高得点を出す紳助と上沼恵美子って。。。なんでしょう???

ま、NON STYLEのこれからの活躍を注目しましょう^^

〔フィギュア・日本選手権08〕

年末に終わりましたね~。今年は仕事が終わらず、実家で録画してもらって観賞しました!

まず男子。
織田君は高橋君がいない中では敵なしでしたね~。でもそれは大きなミスをしなかったおかげです。4回転で転倒はしましたが、それに引きずられることなくそれ以外をミスなしで滑れたことは強いと思います。
小塚君は今期急成長でした!衣装はびっくりするくらい飾りがなかったんですが^^、気持ちが滑りに乗っていたというか、なんか応援したくなるオーラを出してましたね。基礎がしっかりしているから、気持ちが揺れなければ大きな失敗はしない選手だと思います。
無良君はまだ17歳で荒削りですが、他の17歳の子と比べると体作りがしっかりしていました。フリーの4分半は想像以上にハードだと思うので、体力に不安がない彼は有望ですね!

そして女子。
真央ちゃんはもう貫録勝ちでしたね。目指すところが1人だけ『世界』に向かっていた感じでした。
村主さんは目立ったミスなしで世界選手権出場を勝ち取りました。できたら、物語性の強いプログラムで村主ワールドを展開してほしい^^
安藤さんはまぁ無難といえば無難。私的にはちょっと興ざめな演技でした。この人はもう世界を目指さないの?と思ってしまいました。
中野さんは、ショートは完璧!フリーは硬くなっちゃいました。実力が出せれば、昨年までより強いプログラムで高得点が目指せるので、是非がんばってほしい。
鈴木明子さんは、今回のフリーおよびエキシビション?で一番感動しました。体の動きとか表情とかの表現力はダントツではないでしょうか。日本人はそういう所が弱かったと思いますが、彼女は世界に誇れる表現力がありますね。

世界選手権が3月に行われます! 日本人スケーターが活躍するのを楽しみにしています☆彡

〔クライマーズ・ハイ〕

img20090105.jpg

原作が『半落ち』で有名な横山秀夫です。私は半落ちよりもこちらのほうに唸ってしまいましたね、ぐいぐい引っ張る小説でした。
そして映画鑑賞。原作がある映画というのは、大抵後から映画を観るとがっかりするものですが、この作品は違いました。 小説の世界観が損なわれていませんでした。 唯一の違和感と言えば、40前の堤さんとその20年後の堤さんがあまり変わらなかったことくらい^^

役者さん、どの人も演技がうまいッ!すごくリアリティのある演技でした。そして一番の当たり役は堺雅人さんでしょう。助演男優賞決まり!
んで、監督が原田眞人さん。知ってることといえば、『ラストサムライ』の将校?役をしてたおじさん。こんなにちゃんとした映画を撮る人だったのね。

新聞社の世界、男の(妙な)プライド抗争、それらを日航機墜落という世界的事件を通して描いていく物語です。

私みたいに、原作を先に読み、なおかつそれを(細かい箇所は)忘れるくらい時間が経ってから観ると一番いいのかも^^
記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ