見てきましたよん!『ハウルの動く城』
正直言って、もののけや千と千尋と比べると、すご~~~~!っっていう感じはなかったけど、ちょっと時間がたてば、また見てもいいかな~~~って思える作品でした。

宮崎作品=とにかくすごい! というイメージがついたのは上記2本の映画だと思うけど、すごくない(?)映画だっていままであったし、すごくなければ面白くないかといえばそんなことはないし、これはこれでいいじゃない!って感じです。

今回の映画で宮崎さんは、何を言いたかったのかな~。
美しければ意味がないと思っている人への警鐘なのかな~。
img20050202.bmp