ちょっと苦言を。。。

ちまたで大ヒット中の『世界の中心で愛を叫ぶ』を、友達に誘われて観にいったんですね。

それと、レンタルDVDで『ドラゴンヘッド』を観たんですね。

結論から言うと、この二つの映画、私的にはヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ  な映画だったんです。。。悲しい

この二つの映画がダメだった共通の問題点は【脚本】、これに尽きると思うんです。<映画を創る>ということに関しては、両方の映画はがんばっていたと思います。スタッフも、俳優さんもね。朝日

原作があるものを映画の脚本として仕上げるのは大変なことだとは思うんだけど、なーんだか『泣けるエピソード』や『すごいセット&CG』に甘えて脚本が妥協しているとしか感じられないんだよね~。

日本映画、がんばってるのもあるけど、こんなポカしちゃう(しかもそれがヒットするのがまた意味不明だが。。。)ことも多々ある今日この頃・・・。

ちなみに『海猿』は興味があるので見に行きたいと思ってまーーすOK