先日DVDにてほぼ(?)鑑賞しました。
なんとなく評判は聞いていたのでそう大きな衝撃はなかったのですが。。。
ここの文章で日本映画について書かせてもらったけど、やはりこの映画も難点は『脚本』だったなぁと。

キリヤ氏、脚本だけでも専門家にお願いすればよかったのにね~。
やはり『映画の骨格は脚本』だと思うので、専門が「画面構成」「映像」であるキリヤ氏には肉付けと全体のバランスに専念して欲しかったかなーと。

映像はとても綺麗だと思いました。どこの場面をとってもポスターになりそうな。
この映画は『難解』という訳ではなく、『説明不足』なんでしょうね。後一歩という所で、すごくもったいない映画でしたm(._.)m
CASSHERN.bmp