私のおすすめ映画とかいろいろ☆

好きな映画の紹介やテレビ・お笑い・スケートなんかの思ったことを不定期でつぶやきます^^

日本のフィギュアスケート選手について書いておく

連日のスケートネタ^^ 備忘録なんでね。

改めて。
ソチ五輪が本日閉会式を迎える。今朝未明はフィギュアスケートエキシビションだった。
男女シングル・ペア・アイスダンスの上位5組が出場する中、男子6位の大ちゃんと女子6位の真央ちゃんが特別枠で出場した。

これは他の選手が6位でもこうなったのだろうか。
なんだか私は、大ちゃんと真央ちゃんだからこそお声がかかったと思いたいのだ^^

真央ちゃんの曲は『スマイル』。笑顔いっぱいのキュート&セクシーなナンバーだ。インタビューでは「くじけそうなときも辛いことがっても、笑顔って素晴らしいんだよということを伝えたい」と。

***

天才少女と言われて注目され続けたスケート人生は、特にバンクーバー五輪からの4年は〝くじけそうにも辛くもあった”だろう。
バンクーバーでは合計3度のトリプルアクセルを決めながら、銀メダルに留まった。いわゆる〝質”が悪いとか〝回転不足”とか、そういうことだろう。が、女子で誰も飛べない、それを3度も成功したにしては、あまりにもな点数だった。無難な要素を完璧に演じる、それも素晴らしい事だろう。しかし、挑戦者に対する評価ってないのかな、と思った。

タラソワコーチに対しても、色々思った。まず曲。SPもFSも、曲が重く真央ちゃんらしくないなと。そしてコーチとして側にいる機会が少なかったと聞いた。

***

そして真央ちゃんはソチに向け、ことごとくエッジエラーを取られるジャンプを根本から直す決心をする。コーチは佐藤信夫さん。小塚選手のコーチとして特に有名だ。最初の2年はズタズタだった。そして3年目。ついにトリプルアクセルを封印する。佐藤コーチの意向だったように思う。私は、この作戦はよかったと思っている。真央ちゃんは、トリプルアクセルだけが取り柄ではないからだ。案の定、3アクセルなくても点数が獲れるようになった。が、調子が上向きになってきた矢先の、母の死。

このことについては、何をコメントしても上滑りになるだけなので。。。

***

2013-2014シーズンのGシリーズは完全優勝となった。だが、3アクセルのクリアな出来とはならなかった。それでも貫禄の優勝。メダルに一番近い人物になった。
が、全日本選手権では崩れ、まさかの3位。

***

ソチでのSP、ジャンプ3要素の内、得点源上位2要素が大崩れし、16位。金メダルは絶望的となった。
そういえば、団体戦にも出たっけ。同じくSPに出場し、3アクセルを転倒した。

***

ここまで書いただけで、「くじけそうなときも辛いことがあっても」立ち上がることができるのか、と思いたくなる。


フリー演技。
浅田真央は、立ち上がり、飛んだ。前人未到の世界に飛躍した。アクセルを含む全種類の3回転を、すべて跳んだ。

日本人だけではなく、世界中の人が息をのみ、彼女の演技に見えるはずのないものを見て、心を震わせた。





***

今にして思えば、タラソワコーチと出会い、重い曲での演技と死ぬ気でやれと言われたステップが、彼女の一番の武器になったのではないのか。彼女はジャンプではなく、ステップで違う世界に羽ばたいたように、私は見えた。バンクーバーのあの曲が飛躍の始まりだった。ラフマニノフ。

そして、佐藤コーチと共に取り組んだジャンプの改善。それまでは全種類の3回転などとても飛べなかったはずだ。佐藤コーチに引き受けてもらって、本当によかったと思う。

***

常に、常に、自分に課題を課して努力を続けた浅田真央。日本人のみんなが親戚の叔父さんや伯母さんと勘違いしおせっかいに見守り続け窮屈な生活だっただろうに、笑顔を絶やさず失言もなくきちんと対応する品格。だから余計に、終わった後の天を仰ぎながら涙する姿に感動した。

どんな道に進もうとも、応援しよう!(なにせ親戚のおばちゃんだから!)

********

大ちゃんのエキシビション、やはり群を抜いていた。あの世界観、ひとつしぐさを始めただけでぐっと引き込まれる。
技術では羽生くんに及ばないかもしれない。4回転も安定しなかった。そしてまさかの時期に怪我。でも、バンクーバーでの銅よりいいメダルを、取って欲しかったのが本音。

大ちゃんのスケートを見るのが大好きでした。
大ちゃんのこれからを、親戚のおばちゃんとなって見守りたいです^^

本田武史・・・ソルトレイク5輪4位
高橋大輔・・・バンクーバー5輪銅メダル
羽生結弦・・・ソチ5輪金メダル

築き上げてきましたねー。




***

ああ、誰も見ないブログにぶちまけることで、すっきりした☆

ソチ五輪フィギュア

女子フリーが終わりました。

真央ちゃんの演技は、圧巻でした。他の追随を許さない出来だったと思います。よかった。。。!
こんなに追い込まれても、トリプルアクセルを含む6種類の3回転を飛んでみせることを自分に課す真央ちゃんに、敬意を表します。

誰もできないことを、やってのけました!

点数の事、判定の事を挙げればきりがなくなるので申しますまい。
ジャッジの方々には、その判定で誰にも恥ずかしくない審判として堂々とできますか、とだけ問うておきましょう。

コストナーも素晴らしかったです!「ボレロ」は、私の中で軽々しく使ってほしくない曲なんですが、コストナーは「ボレロ」にふさわしい風格がありました。メダルが獲れてよかったです^^

キムヨナとソトニコワ(だっけ?)、ノーミスで仕上げるメンタルの強さに敬意を表します。ただ、フリーの点数に関してはかなり盛られていますね、と言いたい。


*****

男子。
羽生くんは、すばらしかった!特にSP。 フリーは羽生くんを始めチャンもミスが出たので、勝負は今後も続く、といった感じですね。

大ちゃん、もうすぐ大ちゃんの演技が見られなくなると思うと寂しいです。世界観、リズム感、ステップ、素晴らしかったです。

ああ、大好きなフィギュアが終わってしまった。。。
あ、でも世界選手権があるか^^

〔ソチ五輪 フィギュアが始まりました!〕

フィギュアスケート・団体戦が終わりましたねー。結果、日本は5位でした。

私は妥当だと思います。 欲を言えば4位。 やはりペアとアイスダンスで上位を見込めない中ではこんなもんでしょう。

個別の感想☆

男子SP。
羽生くんは素晴らしい。金への勝算が見えてきましたね! 

プルシェンコはさすがとは思いますが、前回五輪の時(彼は銀に終わりました)も感じたのですが、つなぎの部分やステップなど時々やけくそに見えてしまうんですよねー。

ペア(SP&FS)の高橋&木原組は、がんばったと思います。1年でここまでこれたことが素晴らしい。個人戦にも出場できるとのこと、この経験を活かして次につなげて欲しいです! なんといってもペアの技はダイナミック☆ 日本でもペアを目指す選手が沢山出てくるのを望みます^^

女子SP。
真央ちゃんは正直残念。練習ではほぼ飛べていたトリプルアクセルなのに。気の強いキムヨナやロシアの子達に負けず、平常心で個人戦に挑んでください!

リプニツカヤは地元熱もあるのでしょうが、技術はなるほどすばらしいけれど(でもエッジエラー等もあったらしい)、芸術点的な所まで盛らないでいただきたい。マスコミは必要以上に騒いでいますが、Gシリーズだったかはグダグダになった時もありましたので、未知数です(だから怖いのかも?)。

コストナーはやはり怖いですね。ノーミスならばメダル候補です。

アイスダンス(SP&FS)。
リード兄妹(姉弟?)は安定していてよかったと思います。アイスダンスの場合はなかなか欧米に太刀打ちできないッ!次元が違うと言ってもいいくらいなのでね。こちらもペア同様、選手層を厚くすることからですね。フィギュアの原点だと思うアイスダンスも、いつかバレエ界のように日本人も上位を狙えるようになってほしい!

男子FS。
町田くんはまずまずでした。個人戦はあまり力まず静かに燃えていただきたい。
他はあまりちゃんと見てないのですが^^、技術点だけみればチャンや羽生を脅かす若手はまだまだいるなと。そんな中で高橋大ちゃんがメダルに食い込むとすれば、(技術的な)ノーミスが絶対条件。羽生やチャンは少しミスしてもまだ勝算はあるような気がします。

女子FS。
鈴木さんの技術点の低さは心配になりますが、持ち前の落ち着きで個人戦に活かしてほしいです。
こちらも他はあまり鑑賞していませんが^^、ロシアはリプニツカヤを(SPに続き)投入して個人戦大丈夫??なんて心配したりして^^


そして全体的な団体戦の感想。

『団体戦は個人戦の後にやっていただきたい!!!!!!!』

これに尽きますな!!!

私は前からセクシー(というかエロい?)だと思ってた

日本の女性有名人でだれがセクシーだと思いますか? と聞かれたらどうしよう、と思って前々から考えていたんですが。。。

私はね、ずーーーーと前から「蒼井優」だと思っていたんですッ!

どうしてかというと。。。
まず、どんな感情になってもさまになる表情。例え怒ったとしても、見るに堪えなくない。 美人女優は数多くいますが、本気で怒った表情見たら引くわ~~~、と思う人が大多数。

そしてこれが一番肝心ですが、蒼井優の裸が見てみたい(いや変な意味じゃなくて!)。 彼女の場合、おっぱいが大きかろうが小さかろうがどちらでもよい。毛があろうがなかろうがこれもどうでもよい。痩せていようがお腹がぽっこり出ていようがどうでもよい。そんな気にさせられます。色が白いからだろうか? まあそれもあるけど、この「見てみたい」と思わせることこそ、セクシー(エロ)なんだと思います。多くの美人女優(こればっか!)は、裸が美しくなかったら(っていうか思ったよりおっぱいが小さかったり、毛が多かったり?)がっかりすると思うんです。でも蒼井優だけは、どんな裸だろうがどうでもよいなーって思うんですよ。


って思ったら、なんだか彼女は今や魔性の女な感じですよねー。やっぱりね!!


【グランプリシリーズ感想と五輪へむけて】

グランプリシリーズが終わりました。
いやーーー、ますますもってオリンピックの行方が全く予想できない状況になってきましたね!
男女別に思う所を書き留めておきたいと思います。

≪女子≫
浅田真央は落ち着きを取り戻しましたね。見ていて気持ちがいいのはステップやスピン、つなぎのしぐさなど。今回は特にロシア勢が子供だったので(14歳から17歳)、特に際立ってました。もはや敵は自分自身のトリプルアクセルの出来とキムヨナだけでしょう。
ロシア勢(とくくってしまってごめんなさい^^名前が覚えられないの)は怖い存在ではありますが、五輪で金をかっさらっていくというのは、真央ちゃんとキムヨナが両方潰れた場合でしょうね。その次の五輪では間違いなく金メダル候補でしょう。しかしその昔、バイウルが17歳で金を取ったしなぁ。ソチはロシアだし、油断はできないな。
キム・ヨナはグランプリシリーズ欠場でしたが他の国際試合に出て優勝しています。会心の出来という訳でもなく204点出しているので、やはり優勝候補でしょう。ただし、怪我が本当ならば真央ちゃんが有利でしょうか。
鈴木明子は残念ながらファイナル進出できませんでした。今年のプログラムはイマイチインパクトがないのが残念です。目力を活かせる『キルビル』のようなのが私は好みだな!
アシュリー・ワグナーはやはりプログラムのインパクトが薄い。『ブラックスワン』がすばらしかっただけにね。技術的にも優勝候補とはいいがたい。
カロリーナ・コストナーもファイナルは逃しました。しかしこの人がノーミスで仕上げてきたら怖い存在です。個人的には体がでかすぎて好きではないですが、実際の演技を間近に見れば迫力がありそうですしスピード感もありそうです。3回転3回転も高得点がつくことが多いので、第3候補でしょうか。
村上佳菜子は不調です。ネットの素人予測など見ると五輪代表すら怪しいという意見もあったりします。メンタル面でしょうかねぇ。若いんだしあまり悩まずにのびのびとやればいいのに。

ということで、私の五輪予測は、金メダル;浅田真央、銀メダル;キム・ヨナ、銅メダル;コストナー としておきますか。皆さんノーミスでガチバトルしていただきたい!

≪男子≫
こっちは日本代表だけでも難しい!!!
羽生結弦は、すごいね!!ファイナルで一気に五輪金メダル最有力に躍り出ました。なんつっても4回転転んだのにパトリックに勝ったのがすごい!! やっぱコーチのブライアン・オーサーっていうのはやり手だね。
パトリック・チャンは4回転の安定感たるやゆるぎないのがすごい。そして、テレビではなかなかわかりづらい"スケーティング技術”と"スピード感”が、この人の高得点の根底にあるみたいです。しかし、プログラム的には胸に迫るという感じがしないので、日本勢にもチャンスはありますよ。
高橋大輔が読めなくなりました。怪我がどの程度かということです。私は男女全選手の中で大ちゃん推しなんで是非5輪に出場し金を狙って欲しいですが、現在の日本男子の層の厚さからいって、代表も危うくなったというのが冷静な状況でしょう。4回転の安定感がないのも不安要素ですし。でもやっぱりこの人の滑りは胸に迫るものがありますよ。
織田信成はギリギリ5輪シーズンに滑り込んできました。ジャンプ後の膝の柔らかな着氷に定評があり、今シーズンはジャンプが安定しています。がしかし、金を狙えるかというと難しいでしょう。
町田樹はグランプリシリーズで成長し2回とも優勝しました。が、ファイナルでは力みすぎたでしょうか、不発に終わりました。読めないなぁ、ファイナルまでは「この人ひょっとすると。。。?」と思っていたけど。
小塚崇彦、フェルナンデス、アモディオ、デニス・テンなど実力者は他にもいますが(ロシア勢、アメリカ勢はまたしても覚えられない^^)割愛させていただきます。

まず、5輪日本代表は羽生、高橋、町田で、五輪予測は、金メダル;羽生結弦、銀メダル;パトリック・チャン、銅メダル;高橋大輔 としますが、本音は金=大ちゃんです^^
記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ