私のおすすめ映画とかいろいろ☆

好きな映画の紹介やテレビ・お笑い・スケートなんかの思ったことを不定期でつぶやきます^^

お笑い備忘録

歴代優勝者とブレイク芸人

【M-1】
第1回 (2001年)・・・中川家
第2回 (2002年)・・・ ますだおかだ
第3回 (2003年)・・・フットボールアワー
第4回 (2004年)・・・アンタッチャブル (タカアンドトシ;4位)
第5回 (2005年)・・・ブラックマヨネーズ
第6回 (2006年)・・・チュートリアル
第7回 (2007年)・・・サンドウィッチマン
第8回 (2008年)・・・NON STYLE (オードリー;2位、ナイツ;3位)
第9回 (2009年)・・・パンクブーブー 
第10回 (2010年)・・・笑い飯

【THE MANZAI】
第1回 (2011年)・・・パンクブーブー
第2回 (2012年)・・・ハマカーン
第3回 (2013年)・・・ウーマンラッシュアワー
第4回 (2014年)・・・博多華丸・大吉 


【R-1】
第1回 (2002年)・・・だいたひかる (友近)
第2回 (2004年)・・・浅越ゴエ (ヒロシ)
第3回 (2005年)・・・ほっしゃん。 (8位;長州小力)
第4回 (2006年)・・・博多華丸 (4位;バカリズム)
第5回 (2007年)・・・なだぎ武
第6回 (2008年)・・・なだぎ武 (3位;世界のナベアツ)
第7回 (2009年)・・・中山功太
第8回 (2010年)・・・あべこうじ (5位;いとうあさこ)
第9回 (2011年)・・・佐久間一行 (2位;AMEMIYA)
第10回(2012年)・・・COWCOW多田 (2位;スギちゃん)
第11回(2013年)・・・三浦マイルド
第12回(2014年)・・・やまもとまさみ
第13回(2015年)・・・じゅんいちダビッドソン (とにかく明るい安村、あばれる君)


【キングオブコント】
第1回 (2008年)・・・バッファロー吾郎 (2位;バナナマン)
第2回 (2009年)・・・東京03 (2位;サンドウィッチマン)
第3回 (2010年)・・・キングオブコメディ (2位;ピース)
第4回 (2011年)・・・ロバート (2位;2700)
第5回 (2012年)・・・バイきんぐ
第6回 (2013年)・・・かもめんたる
第7回 (2014年)・・・シソンヌ (バンビーノ)
第8回 (2015年)・・・コロコロチキチペッパーズ (2位;バンビーノ)


 

27時間テレビ2015の感想

私はですね、年代からいってもフジっ子だし、ドリフからひょうきん族を経て現在はめちゃイケ派なんですよ。

その私から見ても、ほんと最近のフジの特番は首をひねっちゃうし、27時間テレビはもちろん全部は見てませんが、目玉である岡村のコラボダンスは見ましたよ・・・・・。

今までのめちゃイケのオファーシリーズは本当にすごかった。そのダンス部分を全部と言っていいくらい再現し、さらに沢山のコラボダンスが1時間に渡って繰り広げられました。

まず、岡村の体力にひやひやした。年齢もあるけど、そもそもダンスパフォーマンスひとつずつでさえ過酷なのはオファーシリーズで周知の事実。のはず。 ダンスなんて5分でも踊れば息が上がるものなのに。まずそこに敬意はあるけど嫌悪感もあった。

そして、一つ一つのダンスの質。オファーシリーズでは完璧だったのに、今回は大体どれもやっつけ。そりゃーそうだよね。ダンスの数がまず多すぎてどれも完璧なんて無理だし、若くないし、糖質オフの過酷なダイエット中だし。
生放送中に倒れててもおかしくない状況だった。

それと、その1時間の岡村ダンス中、めちゃイケメンバーとアナウンサーがモニターで解説&感想を言ってるんだけど、とても邪魔だった。なんですかあの演出は。解説するな感想言うなとは言いませんが、音量がとにかくしゃべりメインで、特にライオンキングの所なんてちゃんと聞きたかったのに本当にがっかり。

フジっ子&めちゃイケ大好きだった私ですが、この私でさえ「どうしちゃったの?フジ。どうしちゃったの?めちゃイケ。」と思わずにはいられませんでした。
 

だいちゃん、引退

昨日、高橋大輔選手が競技引退を発表した。


引退しないで~~~、とは思わないが、ただただ寂しい。フィギュアの大会で一番応援していたのが大ちゃんだったから。

思えば私が伊藤みどり全盛期以降あまりフィギュアを見なくなった後、再び興味を持った時点では、織田君と大ちゃんはほぼ互角だった。織田君がルール違反(といっても、同じ種類の3回転を飛ぶ回数を超えてしまった等の違反ですが)を度々やらかしたあたりから少しずつ差が開いてきた。

そこへきての大けが。

からの、壮絶なリハビリを乗り越えて何か脱皮した感のある大ちゃんがいて、特にステップは凄みを増した。ただ、後で知ったが得意だった4回転はやはりけがのせいで飛びにくくなっていたとのこと。

その頃女子の選手層が厚くて大人気で、男子はテレビでちゃんと放送してくれなかったり(夜中だったり^^)。 


でもねーー、現在3枠(世界選手権やオリンピックは国別に最大3の枠が決められるが、それはそれまでの大会に出た選手の成績で決まる)あるのは 、大ちゃん、織田君、小塚っちの根性で勝ち取ったものだ。

もちろん、今はそれに続く羽生君、町田君に小塚っち、無良 君もいるから大丈夫だけどね。


ああーー、大ちゃんのスケート、生で見てみたいなぁ~。どんな道に進むんだろう、どんな人と結婚するんだろう。

ああーー、大ちゃんのスケート見るの好きだったな~~~。

 

おぼちゃんよりわかめスープに責任があると思う

私の意見とほぼ一緒^^

http://biz-journal.jp/2014/04/post_4586.html


おぼちゃんには前から興味はなかったし、やっぱり変な人だと思う。単なる間違いにしては度が過ぎる(写真の取り違え)と思うから、なんらかの意図があったと疑わずにはいられないし、本当に単なる間違いならば、真面目に時間かけて論文作成している方々の爪の垢でも飲めと言いたい。

が、そんな彼女の美貌と若さに鼻の下を延ばし、最低限の管理もしていなかった上に、問題が起きたら責任を彼女一人に押し付けようとしている「わかめスープ」のほうに心底呆れる。 ありえない。 多額の公費が投入されているのに??? 世紀の大発見かもしれない実験の論文の精査もしない?

おぼちゃんの会見では、おぼちゃんの反論を実証するものは出てこなかった。が、肝心な個所の実験ノートなど出してしまったら、世紀の大発見実験だけ奪われる可能性もあるのだとか?(小娘1人ひねり潰すくらい簡単なのでしょうね)

ああ本当に利権争いは恐ろしい。。。(リケン繋がり??^^^^)

日本のフィギュアスケート選手について書いておく

連日のスケートネタ^^ 備忘録なんでね。

改めて。
ソチ五輪が本日閉会式を迎える。今朝未明はフィギュアスケートエキシビションだった。
男女シングル・ペア・アイスダンスの上位5組が出場する中、男子6位の大ちゃんと女子6位の真央ちゃんが特別枠で出場した。

これは他の選手が6位でもこうなったのだろうか。
なんだか私は、大ちゃんと真央ちゃんだからこそお声がかかったと思いたいのだ^^

真央ちゃんの曲は『スマイル』。笑顔いっぱいのキュート&セクシーなナンバーだ。インタビューでは「くじけそうなときも辛いことがっても、笑顔って素晴らしいんだよということを伝えたい」と。

***

天才少女と言われて注目され続けたスケート人生は、特にバンクーバー五輪からの4年は〝くじけそうにも辛くもあった”だろう。
バンクーバーでは合計3度のトリプルアクセルを決めながら、銀メダルに留まった。いわゆる〝質”が悪いとか〝回転不足”とか、そういうことだろう。が、女子で誰も飛べない、それを3度も成功したにしては、あまりにもな点数だった。無難な要素を完璧に演じる、それも素晴らしい事だろう。しかし、挑戦者に対する評価ってないのかな、と思った。

タラソワコーチに対しても、色々思った。まず曲。SPもFSも、曲が重く真央ちゃんらしくないなと。そしてコーチとして側にいる機会が少なかったと聞いた。

***

そして真央ちゃんはソチに向け、ことごとくエッジエラーを取られるジャンプを根本から直す決心をする。コーチは佐藤信夫さん。小塚選手のコーチとして特に有名だ。最初の2年はズタズタだった。そして3年目。ついにトリプルアクセルを封印する。佐藤コーチの意向だったように思う。私は、この作戦はよかったと思っている。真央ちゃんは、トリプルアクセルだけが取り柄ではないからだ。案の定、3アクセルなくても点数が獲れるようになった。が、調子が上向きになってきた矢先の、母の死。

このことについては、何をコメントしても上滑りになるだけなので。。。

***

2013-2014シーズンのGシリーズは完全優勝となった。だが、3アクセルのクリアな出来とはならなかった。それでも貫禄の優勝。メダルに一番近い人物になった。
が、全日本選手権では崩れ、まさかの3位。

***

ソチでのSP、ジャンプ3要素の内、得点源上位2要素が大崩れし、16位。金メダルは絶望的となった。
そういえば、団体戦にも出たっけ。同じくSPに出場し、3アクセルを転倒した。

***

ここまで書いただけで、「くじけそうなときも辛いことがあっても」立ち上がることができるのか、と思いたくなる。


フリー演技。
浅田真央は、立ち上がり、飛んだ。前人未到の世界に飛躍した。アクセルを含む全種類の3回転を、すべて跳んだ。

日本人だけではなく、世界中の人が息をのみ、彼女の演技に見えるはずのないものを見て、心を震わせた。





***

今にして思えば、タラソワコーチと出会い、重い曲での演技と死ぬ気でやれと言われたステップが、彼女の一番の武器になったのではないのか。彼女はジャンプではなく、ステップで違う世界に羽ばたいたように、私は見えた。バンクーバーのあの曲が飛躍の始まりだった。ラフマニノフ。

そして、佐藤コーチと共に取り組んだジャンプの改善。それまでは全種類の3回転などとても飛べなかったはずだ。佐藤コーチに引き受けてもらって、本当によかったと思う。

***

常に、常に、自分に課題を課して努力を続けた浅田真央。日本人のみんなが親戚の叔父さんや伯母さんと勘違いしおせっかいに見守り続け窮屈な生活だっただろうに、笑顔を絶やさず失言もなくきちんと対応する品格。だから余計に、終わった後の天を仰ぎながら涙する姿に感動した。

どんな道に進もうとも、応援しよう!(なにせ親戚のおばちゃんだから!)

********

大ちゃんのエキシビション、やはり群を抜いていた。あの世界観、ひとつしぐさを始めただけでぐっと引き込まれる。
技術では羽生くんに及ばないかもしれない。4回転も安定しなかった。そしてまさかの時期に怪我。でも、バンクーバーでの銅よりいいメダルを、取って欲しかったのが本音。

大ちゃんのスケートを見るのが大好きでした。
大ちゃんのこれからを、親戚のおばちゃんとなって見守りたいです^^

本田武史・・・ソルトレイク5輪4位
高橋大輔・・・バンクーバー5輪銅メダル
羽生結弦・・・ソチ5輪金メダル

築き上げてきましたねー。




***

ああ、誰も見ないブログにぶちまけることで、すっきりした☆
記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ