私的、映画やテレビやスケートのこと☆

好きな映画の紹介やテレビ・お笑い・スケートなんかの思ったことを不定期でつぶやきます^^

【もののけ姫】

ジブリの興行収入でいえば、千と千尋が1位なんだよな。
千と千尋、よかったよな。
でも私の№1は『もののけ姫』です。

作品のスピード感とかどきどき感、さらには自然の脅威と人間の強欲さについて考えさせられたこと、かっこよさ、こんな所が私の中での№1の理由です。

トトロも大好き。魔女の宅急便も何回もビデオ見た。ラピュタのパズーは理想の彼氏像、とお気に入りは色々あるんだけどね。世間ではもののけは意外と人気薄なんだってね!
img20050313_1.jpg

【宮崎駿の世界】

見てきましたよん!『ハウルの動く城』
正直言って、もののけや千と千尋と比べると、すご~~~~!っっていう感じはなかったけど、ちょっと時間がたてば、また見てもいいかな~~~って思える作品でした。

宮崎作品=とにかくすごい! というイメージがついたのは上記2本の映画だと思うけど、すごくない(?)映画だっていままであったし、すごくなければ面白くないかといえばそんなことはないし、これはこれでいいじゃない!って感じです。

今回の映画で宮崎さんは、何を言いたかったのかな~。
美しければ意味がないと思っている人への警鐘なのかな~。
img20050202.bmp

【CASSHERN】

先日DVDにてほぼ(?)鑑賞しました。
なんとなく評判は聞いていたのでそう大きな衝撃はなかったのですが。。。
ここの文章で日本映画について書かせてもらったけど、やはりこの映画も難点は『脚本』だったなぁと。

キリヤ氏、脚本だけでも専門家にお願いすればよかったのにね~。
やはり『映画の骨格は脚本』だと思うので、専門が「画面構成」「映像」であるキリヤ氏には肉付けと全体のバランスに専念して欲しかったかなーと。

映像はとても綺麗だと思いました。どこの場面をとってもポスターになりそうな。
この映画は『難解』という訳ではなく、『説明不足』なんでしょうね。後一歩という所で、すごくもったいない映画でしたm(._.)m
CASSHERN.bmp

ネゴシックス

今年ももうすぐ終りますが、私のお気に入り『ネゴシックス』ちゃんは、ブレイクとまではいかなかったようですカエル

しかし、来年に期待しましょうウインク

もうちっと岡村くん、プッシュしてよ~~~チューリップ
img20041202.bmp

教育

d40e66r4.JPG日本の教育政策は失敗だったと思う。

この間テレビで『おもひでぽろぽろ』をやっていた。私の年より上の主人公が小学校5年生の自分と向き合うというアニメだ。そこで小学校5年生への教育が垣間見れるんだけど、このころの弊害が現代に現れてるなー、そして改善された傾向はあるものの、結果は思わしくないなと感じた。

父親がしゃべらず新聞を読みながら酒を飲みたばこを吸い、言葉は「めし」だけ。家事はもちろん教育も妻にまかせっきり。それを文句言わずこなす妻。中流家庭が普通になってきて子供はわがまま。小学校では性教育を5年になって初めて女子にだけ行うというありさま(これは私の小学校時代もそうだった)。

父も母も、悪い人では決してない。実直で、子供たちのことを愛している。しかし、『教育』という点ではハテナ印だ。

主人公は3人姉妹の末っ子で、物語で知る限り、地に足をつけて素敵に生きている。これは私に言わせば「たまたま」いい具合に育っただけだ。2人の姉は怪しいと思う(笑)

なーんてえらそうなことを述べてみたが、要するに当時の教育もどうかと思うが、現代の教育方針っていうのかな、政府や世間がどんな世の中を目指しているのかがまったく見えないので、教育も中途半端で何ひとつ成果が現れてないじゃないか、いいたいだけである。
記事検索
最新コメント
プロフィール

ふうこ

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ