私のおすすめ映画とかいろいろ☆

好きな映画の紹介やテレビ・お笑い・スケートなんかの思ったことを不定期でつぶやきます^^

『ロード・オブ・ザ・リング』3部作

y4y8o1hu.BMP

例外ですが、3部作をみ終えての総括(えらそうだなー!)
笑顔笑顔笑顔笑顔

元々ファンタジー映画は大好きなんです。『ネバーエンディングストーリー』とか『ラビリンス』とか。でもロード~はちょっとスケールが違いすぎでしたね(技術の進歩もあるとは思いますが)。
ドキドキ小ドキドキ大ドキドキ小ドキドキ大ドキドキ小

この映画を見るまでは原作の存在すら知りませんでした。話を聞いても読む気にはなれませんでしたね~。(だってファイナルファンタジーやドラクエの元だなんて言われたらクラクラきたんだもん。これらのゲームだって散々長いのに!!)
キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ

1作目は、ファンタジーを想像して見に行ったので、少々違和感有り。なんじゃ?このスケールは?(すごすぎて、だよ)といった感じ。
山山山山山

2作目でちょっとはまったかも。旅が3つに分かれてしまったため、少し混乱したけど、それがさらに興味をそそり。
冠冠冠冠冠

3作目はもう待ち焦がれ、みれば1・2作をはるかに越えるスケールで、脳がついていけないくらい!

私にとってこれらは【ザ・映画】な映画です。映画館で見る価値のある映画!泣いたとか感動したとか、そんなTVドラマでもできるような小さなことはどうでもよろしい。映像・音響・CG・キャラクター、もちろんストーリー、どれをとっても【ザ・映画】なのです。
本本本

原作を読み始めてるんですが、あらためて脚本家って一番重要だなーと思いました。壮大な原作をもちろん縮めてるんだけど、原作の味は損なわれてない。すごい。
テレビテレビテレビ

1作目2作目を見直してみると、1作目が一番泣けるっぽいかなー。一番ストーリーが面白い。敵も一番強い(笑)2作目はうまく1と3をつないだなー、一応盛り上げは用意されてるけど、3作目からすると、、、。でも本当に2作目で鷲掴みにされたね(笑) 3作目はとにかくスケール!これに尽きる!突っ込みどころは満載だが、そんな小さなことはどーでもいい!と思えるほどのスケール。
OKOKOK

そして原作を読んではじめて解る主人公の行動の数々。当分こいつにはまりそうです♪

『恋のドッグファイト』

hjivp400.BMP出演;リバー・フェニックス/リリ・テイラー
監督;ナンシー・サボカ


プレゼント日本未公開だったのかなー。小品です。が、いい作品です。前半は60年代の若者のバカ騒ぎ映画かと思いきや。なにかで読んだものの受け売りだけど「この作品は反戦映画だ」と。

私にとっての好きな理由は『ぶちゃいく女の子でも、誇りを持って生きていること』(笑)
リリちゃん、役作りだったのかお年頃だったのか、かなりのぽっちゃりです。(その後なにかの映画に演技派で出てましたが、すっかりスリムに。)リバー扮する海兵隊員がぶちゃいくな女の子競争(一番ブスを連れてきた人が優勝)をするためにナンパするんだけどね・・・。

キスシーンとかラストシーンとか、大好きです♪

詳しくは、ここ

「イン・ベッド・ウィズ・マドンナ」

yiix5rif.BMP出演;マドンナ/ウォーレン・ビーティ/ケビン・コスナー
監督;アレック・ケシシアン


バニードキュメンタリー風映画です。なのでストーリーはない。けど、当時スーパースターだった彼女の舞台裏(風)と、オーラを垣間見れる。

特にファンではないんだけど、売れる人はそれを裏付ける信念とか努力とかが、しっかりあることを認識しちゃいます。

当時の恋人・ビーティとのやりとりが「へぇ~」だったり、最愛の人は「(離婚した元夫の)ショーン(・ペン)よ」と発言したことが「へぇ~」だったり、オナニーを連想されるショーの内容に反発するショー主催者への挑戦が「へぇ~」だったり、退屈させない演出となっています^^歌もダンスもあるしね!

くわしくは、ここ

『レインマン』

e77v56se.BMP

出演;ダスティン・ホフマン/トム・クルーズ
監督;バリー・レビンソン


チューリップもしかして一番好きな映画かもしんないな^^
トムがバブリーな青年実業家を演じてて、結構はまってるかも?
ダスティン扮するその兄は自閉症。 普通なら暗く重くなりそうな題材だが、これがどっこい。笑っちゃうのだ(*^。^*)
ギルバート・グレイプのディカプリオの役もそうだったが、ハンディキャップの役を愛らしく演じてくれてると、ホントにその人たちを身近に感じる。
バブリーな青年実業家の弟は親の愛情なく育ち(と本人は思っている)、自閉症の兄は親の愛情を感じつつもうまく表現できず。。。
とにかくおもしろエピソードありで、最後はちょっぴり切ない映画です。

詳しくは、ここ

『トゥルーロマンス』

出演;クリスチャン・スレイター/パトリシア・アークエット
監督;トニー・スコット
脚本;クエンティン・タランティーノ


花ちょい役でブラピとゲーリー・オールドマン。。。(あたしってたしかにスレイーターは好きだったけど、ゲーリーも好きだったのね♪『レオン』の役が一番好きかな、一番怖いから。)

血がきらいな私でも結果的に好きな映画としちゃえるほど、バイオレンス以外の「ロマンス」が、いい!(バイオレンス部分もいけますよ!血が出るけど。。)
今日会って今日好き!なのは現代風でもあり、すぐまた飽きるのが世の常でしょうが、こんな「ロマンス」を実は望んでいる訳で。。。
``r(^^;)ポリポリ

詳しくは、ここ

nx7oknqv.BMP
記事検索
最新コメント
プロフィール

ふうこ

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ